小さいバストの家系なのではなく、胸が大きくな

豊胸なしバストアップ

まるで豊胸手術をしたかのようなバストアップを自分で自宅で成功させるために行った、わたしの極秘筋トレやバストアップ術や胸を大きくするための日常で大事なあれこれをこっそり公開
  • HOME
  • 小さいバストの家系なのではなく、胸が大きくな

最終更新日:2017/10/20

小さいバストの家系なのではなく、胸が大きくな

小さいバストの家系なのではなく、胸が大きくなるのを妨げるような生活習慣を受け継いでいる確率も考えられます。最初は、食生活を中心に日ごろの習慣をチェックしてみましょう。その上で、バストアップに効果的といわれることを着実にやってみてください。一日や二日で胸を大きくすることはできませんが、頑張って続けることで少しづつバストアップしてくるはずです。

よく聞くバストアップに効果的な食材として、よく大豆製品や鶏肉、キャベツの名前が上がりますが、こういった食べ物ばっかり摂取したからと言って、胸の成長が約束されたわけではないのです。極端な栄養摂取をしてしまうと、バストの成長によかれと思った努力が邪魔してしまう、なんてこともあるので、そればかり摂ればいいなんて思わず、平均的に取ることが大切です。また、折角、体内に取り入れた栄養が胸に回らなかったら意味が無いので、ストレッチするなどして血行をよくしてください。

キャベツを食すことでエストロゲンの活発な分泌が可能になり、バストアップに効果的である可能であるかもしれません。

キャベツのもつ成分が直接胸が大きくなる事を促進する訳ではないので、確実にバストアップでいるとは保証できませんが、その見込みはあると考える事は可能でしょう。自分に合ったブラジャーをつければバストアップするのかといえば、バストアップの可能性があります。バストは要は脂肪なのですから、正しい方法でブラをつけていないと、お腹や背中といったところに移動してしまうのです。もっといえば、正しいやり方を守るとブラをつける効果で、周りの部分の脂肪を胸として持ってくることができます。おっぱいを大きくするには、キャベツが効果的という説が一般的です。

キャベツ自体にボロンと呼ばれる栄養素が含まれていて、このボロンは女性ホルモンであるエストロゲンの分泌を促す働きをします。でも、ボロンの一日の摂取量で理想なのは、キャベツ1個分に及びますので、サプリメントなどとの併用が望ましいでしょう。

やりやすいようにブラを使っている方は付け方はあっていますか?ブラジャーの付け方が違っているので胸が大きくならないのかもしれません正式なブラの着用をすることは少し面倒ですが厄介に思うこともあるでしょう続けてみれば気づいたらバストアップしてると思います近年、このプエラリアは、胸が大きくなる効果のある成分として注目されて来ていますが、副作用の可能性も存在します。女性特有のホルモンであるエストロゲンの分泌のために働いてくれるのですが、ニキビや吹き出物などの肌荒れが起きたりするそうです。ですので使用するには注意が要ります。私は肩甲骨の歪みを補正するエクササイズを1年くらい継続して、3カップも胸が大きくなった人がいます。

胸が小さくて悩んでいる人はしてみることをオススメします。エクササイズやストレッチのときには、頑張りすぎないことが大事です。マッサージの場合、無理にやろうとするとかえって悪影響となる場合もあります。実際、バストアップクリームには女性ホルモンの分泌を増加させる成分が入っていますので、胸が大きくなるという効果をもたらすことが見込まれます。

バストアップクリームを塗る際には、肌へ浸透しやすくなるように優しくすり込んだ方が効果としてより実感できるのではないでしょうか。

というものの、使えばすぐにバストアップするかといえばそうではありません。

もうちょっと胸が大きくならないかなと思いつつ、今更サイズアップは無理だと思っている女性も多くいることでしょう。でも、胸の大きさは遺伝よりもいつもの生活の影響が大きいようです。

ですから、整形に頼る前に、普段の生活を見直してみましょう。

バストアップを妨げる生活習慣を行っているせいで、Aカップのままなのかもしれません。

一般に、バストアップ効果を期待して頻繁に摂取されるのがプエラリアのサプリです。

このプエラリアというものは、女性ホルモンに働きかけるという特徴から、女性になりたい男性も飲んでいたりします。

愛用者も多いですがしかし、実は副作用の存在もあり、バストアップの効果にも個人で差が出たりします。

食べ物で効果的に胸を大きくしたい場合は食事をとるときに気をつけることもいいでしょう。

どのタイミングで摂るかによって、バストアップ効果にある程度は変化が期待できます。

例えば、エストロゲンの分泌を助ける食べ物は、エストロゲンが発生する月経期、卵胞期、排卵期に摂るようにするといいかなと思います。

ご存じない人も多いんですが、ストレスがあると胸を大きくすることの妨げになることも考えられます。

ストレスがあることで体が常に緊張している状態で、血行が悪い状態になります。

血行が悪いとなると、胸の成長に必要な栄養素が十分に行き届かないということなので、胸の成長にいいものを摂取しても、効果を実感することは難しいでしょう。

元来、女性は冷え性の方が多いですが、冷え性が原因で血行が悪くなると、どんなにバストを大きくするに役立つ栄養素、成分を摂取したところで、胸までたどり着きません。そして、老廃物が体外に排出されていかないので、代謝が鈍くなっていきます。ですからシャワーだけの入浴でなく、しっかり湯船に浸かって血行の促進をうながすことが重要なポイントなのです。

食事でおっぱいのサイズアップができたという方もいます。

バストアップに必要な栄養素を食べ物により摂取することで、胸が大きくなる人もいるようです。

例をあげてみると、タンパク質は胸のサイズをあげるには無くてはならない栄養素です。

また、キャベツに多く含まれるボロンも胸のサイズを大きくするためにいいといわれています。

胸を大きくできる生活習慣ってどのような様子でしょうか?大きな胸にするためには、生活習慣を見つめ直した方がいい場合が多くを占めると言ってもよいくらいです。バストアップしない要因は遺伝ではなく、暮らしの習慣に起因することが多いとなっています。

バストアップのために精進していても、生活習慣のせいで成果が表れないということも往々にしてあります。バストアップしたい!と思ったら、お風呂に入ることを意識すると良いでしょう。

お風呂に入れば血の巡りをよくすることができますから、胸に栄養が届きやすい状態にすることができます。

血の巡りがよくなった状態の時にバストアップのためにマッサージを行えばますます効果を望むことができます。

忙しくてそんな時間ない!という時は、シャワーを使うことでバスト周辺のマッサージしてみるだけでも効果を得ることができるはずです。

2016 豊胸なしで天然バストアップした私の極秘筋トレ育乳ライフ All Rights Reserved.

Page Top